自動車飲酒運転は禁止

飲んだら自動車には乗らない

飲酒して自動車の運転は危険

ちょっとくらいという気持ちはいけません。飲酒をしたら自動車の運転はしないことです。思考力が低下するということや判断力も低下するので危険なのです。居眠りをしてしまう可能性も高くなってしまうので自動車を運転してはいけません。飲酒をしてひと眠りしてもアルコール分はすぐには抜けません。血液中に残っているので正常な運転ができないことになります。アルコールが分解されるのはお酒の量や体重、男性、女性によっても変わってきます。これは計算式がありますが、体重60kgのひとがビール500ミリ飲むとアルコール分解するためには7時間かかるのです。

飲酒後は運転代行を頼む

自動車は走る凶器と言われており、危険と隣り合わせです。安全運転を意識していても相手に巻き込まれる事故もあり、ハンドルを握る以上安全性への意識を忘れてはいけません。ただでさえ危険がつく運転ですが、飲酒後にハンドルを握ることは危険であり、取り締まりの対象ともなります。飲酒をすると正常な判断で自動車運転ができなくなるため極めて危険で、万が一の事故では被害者の家族や自身のその後の人生を大きく変えてしまうことがあります。お酒を飲んだらハンドルは運転代行に託し、絶対にハンドルを握ってはいけません。運転代行の利用は安全性の担保と片道料金の節約にもなります。

↑PAGE TOP