自動車では呑まない

自動車飲酒運転に気を付ける

自動車で飲酒をした際の運転代行

自動車で酒場にきて飲酒をした際は、運転代行を頼む必要があります。その時は運転役の人にさりげなく、経験について聞いてみるといいです。経験によりますが、自身が運転する車よりも大きい場合は、駐車の際に何らかのトラブルが起きやすいので注意が必要です。やや遠くから飲酒のために出かけてきた時は、運転代行の人も道に迷うことがあるので注意です。道がわからないと言う時は、信号や一時停止などで止まった際に家への方向を教えましょう。ただ、道が狭いと自動車に傷がつく可能性もあるので、できる限り広い道のほうへ進むように誘導したほうがいいです。

飲酒運転は自動車だけではない

飲酒後の自動車の運転は、飲酒運転か酒気帯び運転で、当然取り締まりの対象となります。しかし、実は自動車だけが取り締まりの対象ではありません。自転車もその罰則規定の対象に入りますので、自転車だからと言って油断していると、当然ながら青切符を切られて罰金+点数をひかれます。さらには、行政処分が下ることもあります。これは教習所で誰もが習っていることですので、免許保持者は知っていて当然のことです。しかし、免許未保持者は、このことを全くと言っていいほど知っていません。知らなかったと言って許される行為ではないです。

↑PAGE TOP