自動車で飲酒しない

自動車で飲酒運転しない

自動車の飲酒運転はNO

近年、自動車運転に関する規制が厳しくなってきています。その一つが飲酒運転でしょう。飲酒運転には酒酔い運転、酒気帯び運転、警告の3段階があります。罰則は極めて厳しく、一発で免許停止または免許取り消しの行政処分を受けます。また、3年以下もしくは5年以下の懲役、または50万円以下もしくは100万円以下の罰金も科せられるので注意しましょう。さらに酒を提供した者、車両を提供した者、同乗した者にも罰金が科せられる連帯責任です。もしも他人を轢いてしまったら、人ひとりの人生を終わらせ、被害者の遺族や自分の家族も不幸にします。お酒を飲んでの自動車運転はNO!これは必ず守りましょう。

飲酒後の運転は絶対にダメ

自動車は便利なので、現在多くの方が利用しているはずです。地方では無いと生活できなくなってしまう方もいるようです。利用するのは構わないのですが、飲酒をした後は絶対に運転してはいけません。正常な運転ができなくなるので、事故を起こしてしまう可能性がかなり高くなってしまいます。全国各地で死亡事故が起きている現実をしっかり見てください。自分が怪我をするだけならいいですが、未来ある若者が巻き込まれて命を落としているので、自動車を利用する責任をしっかり持つことが各自に求められます。短い距離の運転も絶対にダメです。

↑PAGE TOP