自動車飲酒運転は厳罰

自動車飲酒運転は厳禁です

飲酒で自動車を運転したとき

飲酒した上で自動車を運転してはならず、それをした場合はそれ相応の罰金が科せられています。なので、基本的にお酒を一滴でも入れたときは、基本的に自動車の運転はしてはなりません。逆に罰金くらいで済むのであれば、基本的に軽いものだと思ってください。もしかしたら、その状態で人間を引いてしまった場合は、交通刑務所などに行く場合もありますし、それによって社会からの信頼なども落としてしまう場合もあります。それと比べてお金を払うくらいで社会からの信用もまったく落とさないのであれば、安いと思ってよいでしょう。まあ、飲んだら乗るなですね。

厳しく戒めるべき飲酒運転

自動車を飲酒したまま運転することは、重大な法律違反となります。従来からこうした行為は取り締まり対象となっていましたが、その動きは近年になって、より強まっています。それは、2006年に福岡県で起きた、公務員による死傷事故が大きな切っ掛けとなりました。酩酊状態のまま児童を死に至らしめたこの事故は、社会に激しい衝撃を与えました。そしてこのような悲劇が二度と起こらないよう、2007年に道路交通法が改正され、より厳しい罰則が科されるようになったのです。人生を台無しにしないために、飲酒したら自動車を運転しないようにしましょう。

↑PAGE TOP